配管パーツのNo.1 ECサイト 豊富な品揃えと、簡単注文でラクラク購入!!

商品検索:
詳細検索

HOME >  銅管・樹脂チューブ用くいこみ継手
銅管・樹脂チューブ用くいこみ継手 銅管・なまし銅管・樹脂チューブ用のくいこみ継手です。
仕様・用途
なまし銅管、直銅管、プラスチックチューブ(インサートリングが必要)に接続できます。リング玉を接続するタイプ、フレアー加工して接続するタイプがあります。
ご使用方法
銅管・チューブを必要な長さにカットします。銅管は、専用のパイプカッターなどのバリがでない方法でのカットをお勧めします。リング式は、リング玉にて固定。フレアー式は、シートにて固定。
関連商品
なまし銅管・被覆銅管  プラスチックチューブ   なまし銅管くいこみニードルバルブ
プラスチックチューブ専用くいこみ継手(SUS316)
プラスチックチューブ専用くいこみ継手(SUS316)SUS316製。禁油処理。本体とインサートが一体化。またナットとスリーブも一体化しており繰り返し使用できスリーブ交換不要。インサートリング・スリーブの紛失・煩わしさがありません。
なまし銅管・プラスチックチューブくいこみ継手
なまし銅管・プラスチックチューブくいこみ継手なまし銅管・樹脂チューブ用の継手です。樹脂チューブを使用時には、インサートリングを必ずお使いください。※FEフッ素樹脂チューブ(半透明)にはご使用できません。
フレアージョイント(なまし銅管、直銅管用継手)
フレアージョイント(なまし銅管、直銅管用継手)銅管の押拡箇所を本体とナットの部分(シート面)にて圧着し接続します。リング式、喰込式よりも耐振動性に優れています。
リングジョイント(なまし銅管、直銅管くいこみ継手)
リングジョイント(なまし銅管、直銅管くいこみ継手)店舗在庫なくなり次第終了。銅管と継手に付いてるスリーブ(ソロバン玉)を喰い込ませる事により完全に接続をすることができます。